Blogペット火葬浜松 ぬくもりの
ブログ

ペット火葬

フェレットの火葬はペット火葬浜松へ

2022年2月11日(金)

こんばんは。ペット火葬浜松です。

弊社は訪問型のペット火葬を承っております。

火葬の出来る設備を積載した専用車で自宅に伺い、駐車場でご火葬いたします。

ワンちゃん猫ちゃんはもちろんのこと、爬虫類から中型犬まで、ウサギやフェレットのご火葬経験も豊富にございます。

フェレットの小さなご遺骨まで綺麗に残してあげたい方は『ペット火葬浜松』をお選びください。

小さなご遺骨まで拾える理由があります!

お骨の形をしっかり残せる理由があります!

詳しくは本日のブログをご覧くださいませ。

それでは↓↓↓↓↓↓↓

 

目次【本記事の内容】

1.綺麗に残せる理由

弊社の火葬担当スタッフはペットセレモニーの経験が豊富です!

主に担当するスタッフはペット火葬浜松を運営する前は、当時浜松市内でNo.1のシェア率を誇るペット葬儀社で【代表】を務めていた経験があります。

当時から施行(ご葬儀)を1人で行なっていたため、現場のことは全てを知り尽くしております。

当時を振り返ると、まだまだ出来ることがあったと思います。

それをこの『ペット火葬浜松』で成し遂げます。

少し話は脱線しましたが、『ご遺骨を綺麗に残せる理由』というのが

・温度調整 ・ひと工夫 ・火葬時間

主にこの3つが大事です。

特に『ひと工夫』というのが、鉄板を使ったひと工夫です。

多くの火葬業者は、火葬中にご遺体を専用の棒を使って動かします。

フェレットや小型犬、爬虫類などは、その時にご遺骨が崩れてしまう要因になりかねません。

したがって私どもは直接ご遺体に触れることはせず、動かせる鉄板を入れております。

そのため、小さなご遺骨もその鉄板の上に残ります。

また、鉄板を動かすことでご遺体には触れないため、崩れることがなくご遺骨が綺麗に残るのです。

2.小さなご遺骨まで拾えるお骨上げ

他のペット火葬業者の火葬では、火葬後のご遺骨をブラシで集め、トレーや台に並べる方法をとっております。

私共のご拾骨(お骨上げ)は違います。

鉄板ごと、火葬炉から取り出します。

こうすることで、拾骨の際にブラシによるお骨の崩れを防げます。

ご火葬が終わったそのままのご遺骨を全てお返ししたいという想いからそのようにしております。

ご葬儀のご相談、ご要望には最大限お応えできるよう努めてまいりますので,お気軽にお申し付けくださいませ!

ご用命はこちらから↓↓

https://petcremation-hamamatsu.com/